のぼりの使い方いろいろ

サーキットレース会場

クルマのレースを行うサーキットレース会場でのぼりを見ることがあります。


のぼりは、開催しているレース会場のサーキットが設置しているのではなく、
参加しているクルマの協賛しているスポンサーが設置しているケースが多くあります。

 

海外では、スポンサーの看板の設置はバナーと呼ばれる布を設置しています。


それに従い、日本でも横向きのバナーを縦向きにした「のぼり」を利用する
ケースが多くあります。

 

宣伝効果

 

これが、通常の「のぼり」と異なる部分としてはメーカーが海外メーカーで
珍しかったり日本メーカーでも国際的なイメージのブランドである為に
かっこいいという点があります。

 

このかっこいいというのは、販売を直接的に意識して
「販売中」「売り出し中」という呼びかけではなくブランドイメージを
浸透させようという意図からでしょう。


特にこういったクルマのメーカーには、それぞれに持つ「ブランドカラー」や
デザイン性も強く、かっこいい物が多いためサーキットレース会場に
そのカラーを活かしたのぼりを設置することで、より強いインパクトを
来場者にも与えることができ、宣伝効果としては十分なものが期待できるのです。

 

このような、クルマのレース会場でのオリジナルの「のぼり」を作成して、
ブランドイメージを向上させてかっこいいイメージで売上を向上させる事ができます。

 

ブランドカラー


 

イベント 広報活動 誘導 無料 忘れがち